コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次誘導 にじゆうどうsecondary induction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次誘導
にじゆうどう
secondary induction

動物発生学の用語で,誘導全部の中心であるオルガナイザー (形成体) により誘導された部域が2次的な中心となって,次の誘導を引起す場合をいう。たとえば眼杯表皮から生じてくるのは形成体による1次的な誘導であるが,この表皮によってレンズがつくられてくるのは二次誘導である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android