コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼杯 ガンパイ

デジタル大辞泉の解説

がん‐ぱい【眼杯】

脊椎動物の目の発生過程の一段階。前脳から突出した左右一対の眼胞の先端部が、内側へくぼみこんで杯状になったもの。内層がやがて網膜に、外層は色素層に分化する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眼杯
がんぱい

脊椎(せきつい)動物の目の発生段階に現れる原基の一つ。まず、将来間脳になる部分の側部が左右に膨出して眼胞とよばれる嚢胞(のうほう)状の突出物を形成する。眼胞の先端は表皮と接しており、その表皮からレンズを誘導しつつ内側に落ち込み、眼胞基部の眼柄とともに杯(さかずき)状の形をとるので、これを眼杯とよぶ。落ち込んだ部分は2層からなり、表皮に近いほうの外層は将来網膜となり、内層は色素層に分化する。眼柄はしだいに細くなって、のちに視神経となる。[八杉貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の眼杯の言及

【目∥眼】より

…眼胞は前脳胞の側壁の一部が外方にふくれ出したもので,頭部の表皮と接している。やがて,眼胞は中央部がへこみ眼杯optic cupと呼ばれる内外2層の細胞層からなる杯状の構造となる。眼杯の内側の細胞層から網膜が,外側の細胞層から色素上皮が形成される。…

※「眼杯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

眼杯の関連キーワードぶどう膜欠損(症)シュペーマン誘導(生物)眼杯・眼盃網膜剥離二次誘導水晶体奇形眼柄誘導

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android