コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二酸化炭素吸収材料 にさんかたんそきゅうしゅうざいりょうcarbon-dioxide absorbing materials

1件 の用語解説(二酸化炭素吸収材料の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

二酸化炭素吸収材料

二酸化炭素〈CO(2)〉を吸蔵し、放出できる材料で、Li(2)ZrO(3)、LiFeO(3)、Li(4)SiO(4)などのリチウム系複合酸化物やBa(2)TiO(4)(オルソチタン酸バリウム)などがある。1リットルの容器に満たしたBa(2)TiO(4)は、550〜750℃で100リットルのCO(2)を約5分で吸収することから、高温のガスを放出する火力発電所や工場などでの利用が可能である。さらに、800℃以上で吸収したCO(2)を放出する性質を持つことから、CO(2)を可逆的に吸放出できる材料として注目されている。世界的な電力需要や工業のさらなる発展に際し、発電所や工場で発生するCO(2)が大気中に広がる前に、CO(2)を分離・隔離できる技術として今後の開発が期待される。

(岡田益男 東北大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone