互井 開一(読み)タガイ カイイチ

20世紀日本人名事典「互井 開一」の解説

互井 開一
タガイ カイイチ

昭和期の洋画家



生年
明治37(1904)年7月20日

没年
昭和42(1967)年10月12日

出生地
埼玉県北葛飾郡三輪野江村吉川

学歴〔年〕
埼玉師範〔大正13年〕

経歴
埼玉県下で美術教師を務めた後、昭和7年上京。9年第21回二科展に「男鹿風景」が初入選。16年個展を開き、中央童画研究所を設立する。18年古郷八郎、滝沢清とともに三紀会を結成するが、戦争のため中断。24年は官展系団体と絶縁し、新水彩作家協会(後に三軌会と改称)を結成した。37年東京電機大学講師、41年に東京・銀座で大個展を開いている。代表作に「波切」「男鹿風景」「オンフール」「リスボン郊外」「ヨットハーバー」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android