コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波切 なきり

2件 の用語解説(波切の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波切
なきり

三重県志摩半島南東端,志摩市の地区で旧町名。大王崎の基部にある漁業集落で,地名は遠州灘熊野灘との境にあって荒波を切るように位置することに由来。港は志摩地方有数の漁港で,カツオを中心とする遠洋漁業の基地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波切
なきり

三重県志摩市大王(だいおう)町地区の中心地域。旧波切町。近世まで海の難所として知られた大王崎の基部にあって避難港でもあった漁港。カツオを中心とする遠洋漁業のほか、アジ・ブリの定置網、エビ刺網、海女(あま)漁業が盛ん。9月に行われる「わらじ祭り」は海の奇祭として知られ、県の無形文化財に指定されている。地区の西端には登茂(とも)山公園がある。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の波切の言及

【大王[町]】より

…町域の大部分が隆起海食台地で水田に乏しく,台地面は畑地あるいは林地である。波切(なきり)・船越地区に人口が集中する。基幹産業は水産業と農業で,波切,深谷の両漁港を中心に沿岸漁業が行われ,船越地区の英虞湾側では真珠養殖が盛ん。…

※「波切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

波切の関連情報