コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波切 なきり

2件 の用語解説(波切の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波切
なきり

三重県志摩半島南東端,志摩市の地区で旧町名。大王崎の基部にある漁業集落で,地名は遠州灘熊野灘との境にあって荒波を切るように位置することに由来。港は志摩地方有数の漁港で,カツオを中心とする遠洋漁業の基地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波切
なきり

三重県志摩市大王(だいおう)町地区の中心地域。旧波切町。近世まで海の難所として知られた大王崎の基部にあって避難港でもあった漁港。カツオを中心とする遠洋漁業のほか、アジ・ブリの定置網、エビ刺網、海女(あま)漁業が盛ん。9月に行われる「わらじ祭り」は海の奇祭として知られ、県の無形文化財に指定されている。地区の西端には登茂(とも)山公園がある。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の波切の言及

【大王[町]】より

…町域の大部分が隆起海食台地で水田に乏しく,台地面は畑地あるいは林地である。波切(なきり)・船越地区に人口が集中する。基幹産業は水産業と農業で,波切,深谷の両漁港を中心に沿岸漁業が行われ,船越地区の英虞湾側では真珠養殖が盛ん。…

※「波切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

波切の関連キーワード志摩阿児〈町〉三重県志摩市阿児町国府三重県志摩市磯部町穴川三重県志摩市志摩町片田三重県志摩市志摩町御座三重県志摩市志摩町越賀三重県志摩市志摩町布施田三重県志摩市志摩町和具大王〈町〉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

波切の関連情報