コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐太兵衛 いがらし たへえ

1件 の用語解説(五十嵐太兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐太兵衛 いがらし-たへえ

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
京都の人。寛文9年(1669)幸阿弥(こうあみ)長房とともに,鷹司教平(たかつかさ-のりひら)の娘が入内(じゅだい)するときの調度や徳川綱重の婚礼調度に蒔絵をほどこす。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

五十嵐太兵衛の関連キーワード尾崎宗印古満休意(1)鈴木正之道与奈良貞利奈良雪勝野村嘉之春政菱田成信菱田房貞