五家の法(読み)ゴカノホウ

大辞林 第三版の解説

ごかのほう【五家の法】

近隣の五家を一組とし、これに連帯責任を負わせて、互いに取り締まらせる制度。中国の周代に始まり、日本に取り入れられて、律令時代の五保、江戸時代の五人組の制度となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android