コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五家の法 ゴカノホウ

デジタル大辞泉の解説

ごか‐の‐ほう〔‐ハフ〕【五家の法】

近接する5戸を一組とし、その組の連帯責任において治安維持などの取り締まりに任じさせたもの。中国の周代の制度にならい、日本では律令制五保の制が敷かれたが、江戸時代五人組制度もこの系統を引くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごかのほう【五家の法】

近隣の五家を一組とし、これに連帯責任を負わせて、互いに取り締まらせる制度。中国の周代に始まり、日本に取り入れられて、律令時代の五保、江戸時代の五人組の制度となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五家の法の関連キーワード律令時代五家近隣

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android