コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五人組 ごにんぐみ

5件 の用語解説(五人組の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五人組
ごにんぐみ

江戸時代の庶民の隣保組織。類似の制度は律令制下の五保の制にさかのぼるが,原型は,戦国時代,下級武士団の軍事編成である五人組,十人組にある。庶民の組織としては,当初城下町町人で編成されたが,江戸時代になると正保年間 (1644~48) 頃から次第に農村を主体とした恒常的な制度となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごにん‐ぐみ【五人組】

江戸幕府が町村に作らせた隣保組織。近隣の5戸を一組とし、互いに連帯責任で火災・盗賊・キリシタン宗門などの取り締まりや貢納確保・相互扶助に当たらせたもの。
19世紀後半に、ロシアで国民主義音楽を確立した五人の作曲家。バラキレフムソルグスキー・キュイ・リムスキー=コルサコフボロディン。→国民楽派

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごにんぐみ【五人組】

江戸時代に近隣の5家が1組に編成された連帯責任の組織。この制度は律令国家五保(ごほ)に淵源する。創置は1597年(慶長2)3月7日付け豊臣秀吉〈御掟〉で京都の治安対策上定められた五人組,十人組である。慶長期以降,大名領などに十人組が存在し,のち五人組に改組される事例がみられる。全国的に五人組が制度化されるのは寛永期で,これは幕藩権力による人民の支配体制確立と関係がある。五人組の役割は,町方・村方における治安維持,法度の遵守,年貢完納,キリシタン禁制などを連帯責任で遂行するところにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごにんぐみ【五人組】

江戸時代、古代の五保制にならった近隣五戸を一組とする最末端の行政組織。成員は、町人では地主・家主、農民は水吞みずのみまで含む。連帯責任を科し、初めキリシタン・浮浪人の取り締まりを主眼としたが、のちには法令遵守・治安維持、また貢租の完納などのための相互監察や相互扶助を目的とするようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五人組
ごにんぐみ

江戸時代の村や町における最末端の行政組織。村では本百姓(ほんびゃくしょう)、町では家持(いえもち)(地主)、家主(いえぬし)をそれぞれ近隣の5戸ずつを原則として組み合わせて構成した。五人組の機能は、年貢納入、治安維持につき組の構成員が連帯責任を負うところにあり、組内に年貢不納の者や欠落(かけおち)をする者が出ると、組として弁済の責任を負わされ、また五人組内に犯罪者がいるときは、密告を強制され、知りながらそれを怠ると処罰された。また日常生活で相互に監視しあうことを強いられ、質地などの土地移動でも連帯責任を負わされた。その反面、五人組の百姓は、仲間として日常生活での相互援助も行ったが、どちらかといえば農民の支配や監視のための組織という性格が強かった。
 五人組はもとは戦国時代の農民の自衛組織として成立したが、豊臣(とよとみ)秀吉がこれを全国に行政組織とし、1597年(慶長2)に掟(おきて)を定め、侍には五人組、百姓・町人は十人組をつくらせ、制裁規定も定めた。江戸幕府はこの制度を踏襲し、17世紀中ごろまでに多くの法令を出し、制度として整備した。五人組の組織を明示した五人組帳が全国に整備されるのは、1655年(明暦1)のことであった。江戸時代の農民の統制の制度としては、キリスト教禁止を理由とする宗門人別改(しゅうもんにんべつあらため)制度(寺請(てらうけ)制度)があるが、この五人組の制度は、それと並んで、農民生活をその内部から監視する制度として、それ以上に有効な制度であった。
 太平洋戦争直前に設置された隣組(町内会などの下級団体)の制度も、この五人組、十人組を原型とするものであった。[上杉允彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五人組の言及

【組】より

…したがって,比較的地域差が乏しく,全国的に共通する面が多い。その代表は近世の五人組であり,全国各地において五人組とか単に組合と呼ばれて現在も存在している。また,明治初年に五人組を再編して設定された伍長組,戦時体制下に設けられた隣保班(隣組)も近隣組として機能していることが多い。…

【五人組帳】より

…五人組が遵守すべき法令と五人組員が連署・捺印した帳簿の通称。五人組御改帳,五人組手形,五人組前書帳など多くの別称がある。…

【未進】より

…犯罪などで没収する場合とちがい,年貢の不納・未進の場合は完全に所持権を奪うことはなかった。年貢皆済ということが領主の目標だったから,年貢を不納にして逃散(ちようさん)する百姓や未進のままになっている百姓がでるのを警戒し,捜索を村中の責任でやらせたり,未進分の弁済を村中や五人組に命じたりした。初期には年貢を皆済させるための厳しい法令が多くだされている。…

※「五人組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五人組の関連キーワード間田事業部ジャズバンド定助郷上覧相撲親王家日赤の戦時救護班鯨6884部隊大練舎陣立書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五人組の関連情報