五族協和(読み)ごぞくきょうわ

世界大百科事典 第2版の解説

ごぞくきょうわ【五族協和】

中国で清末から唱えられるようになった民族協和論。孫文も辛亥革命に際して,従来の滅満興漢の主張に代えて・満・蒙・回・蔵の五族協和(五族共和)を唱え,中華民国の統合をめざした。しかし,もっともよく知られる五族協和は,戦前の日本が中国東北地方に建国し,牛耳った傀儡国家,満州国の国家イデオロギーとしてのそれである。日本は,満州国を表面的には多民族国家として運営していくことを構想した。〈五族〉とは,満州事変前から満州に居住していた〈漢族満州族蒙古族,日本人,朝鮮族〉を指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五族協和の関連情報