五百八十年(読み)ゴヒャクハチジュウネン

デジタル大辞泉の解説

ごひゃくはちじゅう‐ねん〔ゴヒヤクハチジフ‐〕【五百八十年】

長寿を喜び、末長くいついつまでもと祝っていう語。
「この君の御代、―の御齢(よはひ)を保ち給へ」〈伽・猫のさうし〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひゃくはちじゅうねん【五百八十年】

長寿を祝ったり、慶事が末永く続くように祈ったりするときに用いた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごひゃくはちじゅう‐ねん ‥ハチジフ‥【五百八十年】

〘名〙 (「五百八十年七回り」の略) 長寿を祝い、また、よろこばしいことが行く末長く続くことを祝うのにいう語。
※玉塵抄(1563)四「ここらに五百八十年と祝ふつれなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五百八十年の関連情報