御代(読み)ごだい

精選版 日本国語大辞典 「御代」の意味・読み・例文・類語

ご‐だい【御代】

〘名〙 (「ご」は接頭語)
天皇による治世や、その在位期間を敬っていう語。みよ。
身分の高い人の代理人御名代
※こんふえっしょなりうむ(懺悔録)(1632)理非所作に就いて「なかなかなにがでうすのごだいにあやまりをかくしまらせうぞ」

ご‐よ【御代】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 天皇を敬って、その治世や在位の期間をいう語。みよ。ごだい。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「余党の奴原を追なびかして、新院御世(ゴヨ)となし」

お‐だい【御代】

〘名〙 (「お」は接頭語) 代金をいう丁寧語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「御代」の意味・読み・例文・類語

お‐だい【御代】

代金」の尊敬語美化語。「お代は見てのお帰り」
[類語]勘定会計支払い精算愛想あいそレジ代金清算決済料金愛想あいそ代価手数料月謝有料対価手間賃賃金使用料送料倉敷料原稿料入場料木戸銭授業料口銭湯銭運賃借り賃貸し賃宿賃店賃たなちん家賃間代部屋代室料席料席代下宿代場所代場代地代

み‐よ【御代/御世】

天皇の治世。また、その在位期間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android