五百八十年七回り(読み)ごひゃくはちじゅうねんななまわり

精選版 日本国語大辞典「五百八十年七回り」の解説

ごひゃくはちじゅうねん【五百八十年】 七回(ななまわ)

五百八十年と七回り。七回りは干支の七回りのことで、一回り六十年であるから四百二十年。すなわち、合わせて千年ので、長寿を祝い、また、よろこばしいことの行く末長く続くことを祝っていう語。五百八十七まがり
※大観本謡曲・夜討曾我(室町中)「はあまの命を拾うたによって寿命は長からう、五百八十年七廻りまでも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五百八十年七回り」の解説

ごひゃくはちじゅうねん‐ななまわり〔ゴヒヤクハチジフネンななまはり〕【五百八十年七回り】

580年と、ひと回り60年の干支えとの七回りで、1000年になるところから、末長くいついつまでもの意で祝っていう語。
「―までも生きのびさせられう」〈虎寛狂・子盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android