コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百八十年七回り ゴヒャクハチジュウネンナナマワリ

2件 の用語解説(五百八十年七回りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごひゃくはちじゅうねん‐ななまわり〔ゴヒヤクハチジフネンななまはり〕【五百八十年七回り】

580年と、ひと回り60年の干支(えと)の七回りで、1000年になるところから、末長くいついつまでもの意で祝っていう語。
「―までも生きのびさせられう」〈虎寛狂・子盗人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひゃくはちじゅうねんななまわり【五百八十年七回り】

〔580年と干支えとの七回り(420年)の意〕
千年。長寿・長久を祈っていう。五百八十年。五百八十年七まがり。 「わごりよとおれとは-まで何事もあるまいぞ/狂言・連歌盗人」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

五百八十年七回りの関連キーワード会社合資会社合名会社アルディピテクス・ラミダスカダバ乙武洋匡総合労働相談員ミャンマーの麻薬栽培シンガポールの観光黒門市場

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone