コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百八十年七回り ゴヒャクハチジュウネンナナマワリ

デジタル大辞泉の解説

ごひゃくはちじゅうねん‐ななまわり〔ゴヒヤクハチジフネンななまはり〕【五百八十年七回り】

580年と、ひと回り60年の干支(えと)の七回りで、1000年になるところから、末長くいついつまでもの意で祝っていう語。
「―までも生きのびさせられう」〈虎寛狂・子盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひゃくはちじゅうねんななまわり【五百八十年七回り】

〔580年と干支えとの七回り(420年)の意〕
千年。長寿・長久を祈っていう。五百八十年。五百八十年七まがり。 「わごりよとおれとは-まで何事もあるまいぞ/狂言・連歌盗人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五百八十年七回りの関連キーワード連歌盗人