五百八十年七回り(読み)ゴヒャクハチジュウネンナナマワリ

デジタル大辞泉の解説

ごひゃくはちじゅうねん‐ななまわり〔ゴヒヤクハチジフネンななまはり〕【五百八十年七回り】

580年と、ひと回り60年の干支(えと)の七回りで、1000年になるところから、末長くいついつまでもの意で祝っていう語。
「―までも生きのびさせられう」〈虎寛狂・子盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひゃくはちじゅうねんななまわり【五百八十年七回り】

〔580年と干支えとの七回り(420年)の意〕
千年。長寿・長久を祈っていう。五百八十年。五百八十年七まがり。 「わごりよとおれとは-まで何事もあるまいぞ/狂言・連歌盗人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごひゃくはちじゅうねん【五百八十年】 七回(ななまわ)

五百八十年と七回り。七回りは干支の七回りのことで、一回り六十年であるから四百二十年。すなわち、合わせて千年の意で、長寿を祝い、また、よろこばしいことの行く末長く続くことを祝っていう語。五百八十七まがり。
※大観本謡曲・夜討曾我(室町中)「某はあまの命を拾うたによって寿命は長からう、五百八十年七廻りまでも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android