行く末(読み)ユクスエ

デジタル大辞泉「行く末」の解説

ゆく‐すえ〔‐すゑ〕【行く末】

これから先のなりゆき。前途。将来。行く先。「子供の行く末を心配する」
進んで行く道の果て。行く手
「流れ出づる涙の川の—はつひに近江の海とたのまむ」〈後撰・恋五〉
余命。老いさき。
「—短げなる親ばかりを頼もしきものにて」〈・明石〉
死後の世界。来世。
「この世にはさらにもいはず、—にも、草木、鳥けだものとなるとも」〈宇津保・菊の宴〉
経歴。来歴
「かの女房の—をくはしく尋ねて候へば」〈太平記・一八〉
[類語]未来今後将来末末前途向後自今来たる近未来目先行く先行く手行く行く行方先行き先先生い先あとのちあとあとのちのち後年他年この後これから向こう運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android