五百生(読み)ゴヒャクショウ

大辞林 第三版の解説

ごひゃくしょう【五百生】

五百回生まれ変わること。幾度も生まれ変わること。 「一夜の枕をならぶるも-の宿縁と申し候へば/平家 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごひゃく‐しょう ‥シャウ【五百生】

〘名〙 仏語。人が五百回も六道の迷界で生まれかわること。また、転じて、幾度も生まれかわる、非常に長い時間。五百世(ごひゃくせ)
※観智院本三宝絵(984)下「五百生犬の身のくるしみをうけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五百生の関連情報