井上幸次郎(読み)イノウエ コウジロウ

20世紀日本人名事典 「井上幸次郎」の解説

井上 幸次郎
イノウエ コウジロウ

昭和期の小説家,評論家



生年
明治35(1902)年9月25日

没年
昭和21(1946)年8月22日

出生地
大阪府

学歴〔年〕
早大英文科〔昭和2年〕卒

経歴
早大在学中に「信天翁」に参加。昭和3年「悪魔払」を「不同調」新人号に発表。同年「新正統派」に参加し、「孫」や「片上伸論」などを発表。他の作品に「宇野千代論」「川端康成論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android