コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井原応輔 いはら おうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井原応輔 いはら-おうすけ

1842-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年2月20日生まれ。土佐高知藩家老深尾鼎(かなえ)の家臣。古沢南洋らにまなび,土佐勤王党にはいる。元治(げんじ)元年田中光顕(みつあき)らと脱藩し長門(ながと)(山口県),のち大坂へゆく。2年島浪間(なみま),千屋(ちや)金策らと中国諸藩を遊説中,美作(みまさか)(岡山県)英田郡土居で賊と誤解されて包囲され,同年2月22日自刃(じじん)。24歳。名は徳道

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

井原応輔 (いはらおうすけ)

生年月日:1842年2月20日
江戸時代末期の志士
1865年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

井原応輔の関連キーワード生年月日千屋金策天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android