コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京女鷸 キョウジョシギ

デジタル大辞泉の解説

きょうじょ‐しぎ〔キヤウヂヨ‐〕【京女×鷸】

シギ科の鳥。全長22センチくらい。夏羽は、頭に黒い線があり、胸は黒く、腹は白、背から尾にかけては赤褐色と黒の斑模様。北半球北部で繁殖し、冬は南半球まで渡る。日本では旅鳥として春・秋に干潟や川原でみられ、くちばしで石などをひっくり返して餌を探す。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじょしぎ【京女鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長約22センチメートル。栗色・黒・白の鮮やかな羽色をもち、足は朱色。北極圏で繁殖し、冬はニューギニア付近に移動する。日本には春秋の渡りのとき、多数渡来する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

京女鷸 (キョウジョシギ)

学名:Arenaria interpres
動物。シギ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

京女鷸の関連キーワード北極圏渡り春秋羽色栗色朱色