コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏羽 ナツバネ

デジタル大辞泉の解説

なつ‐ばね【夏羽】

鳥の繁殖期の羽。春の換羽のあとの羽で、雄では派手なものが多い。→冬羽

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なつばね【夏羽】

夏に見られる鳥の羽衣うい。多くの鳥では生殖羽に一致する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏羽
なつば

羽衣」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏羽
なつばね

鳥が春から夏にかけての繁殖期にもつ羽毛をいう。生殖羽とほぼ同義であるが、冬に生殖羽となるものも多く、かならずしも一致するわけではない。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夏羽の関連キーワードアカエリヒレアシシギツノメドリ(角目鳥)カラフトアオアシシギカンムリカイツブリライチョウ(雷鳥)ダイゼン(大膳)オオメダイチドリオオセグロカモメ百合鴎・百合鷗チドリ(千鳥)フランクリン鴎ハクセキレイオオジュリンメダイチドリウミオウムけいまふりシロチドリオグロシギカシラダカユリカモメ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏羽の関連情報