コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京屋敷 きょうやしき

1件 の用語解説(京屋敷の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうやしき【京屋敷】

江戸期の在京藩邸。江戸前期,西日本支配の拠点であった京都には,西日本の大名や代官衆はもちろん江戸幕閣も京屋敷を設けていた。寛永14年(1637)洛中絵図では,東国大名20,西国大名48,ほかに代官等の武家屋敷60余が確認され,主として所司代や幕閣の屋敷は二条城周辺に,その他は市中各所に埋没するかたちで分布している。江戸中期の統一的幕政の推進により京都の政治的地位が低下すると,京屋敷の機能も変質し,儀式典礼の連絡や高級工芸品の購入,また京都町人からの金融や国産品売りさばきの役割に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

京屋敷の関連キーワード意天水戸光圀阿形但秀橘屋道退弘尊江戸前藩邸江戸詰め支配の法則江戸前鮨

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone