コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京屋敷 きょうやしき

世界大百科事典 第2版の解説

きょうやしき【京屋敷】

江戸期の在京藩邸。江戸前期,西日本支配の拠点であった京都には,西日本の大名や代官衆はもちろん江戸幕閣も京屋敷を設けていた。寛永14年(1637)洛中絵図では,東国大名20,西国大名48,ほかに代官等の武家屋敷60余が確認され,主として所司代や幕閣の屋敷は二条城周辺に,その他は市中各所に埋没するかたちで分布している。江戸中期の統一的幕政の推進により京都の政治的地位が低下すると,京屋敷の機能も変質し,儀式典礼の連絡や高級工芸品の購入,また京都町人からの金融や国産品売りさばきの役割に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京屋敷の関連キーワード藪内紹智古田織部燕庵

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android