人をつけにする(読み)ヒトヲツケニスル

大辞林 第三版の解説

ひとをつけにする【人をつけにする】

〔「つけ」は「うつけ」の略か〕
人を馬鹿にする。 「ええ人をつけえにした、何時だと思ふ/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひと【人】 を つけにする

(をうつけにするの意か) 人をばかにする。人をつけ。
洒落本・辰巳之園(1770)「人を附(ツケ)にした 皆口を揃て 何さ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android