コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工ワクチン じんこうワクチン

1件 の用語解説(人工ワクチンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

人工ワクチン【じんこうワクチン】

遺伝子工学と,ペプチド化学合成法とを組み合わせて,病原微生物自体を用いることなく人工的に調整したワクチン。従来のワクチンでは,病原性を弱めた病原微生物を含むもの(弱毒生ワクチン)や,不活性化した病原微生物を含むもの(不活化ワクチン)が用いられていたが,病原微生物による危害の可能性をなくすことはできなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

人工ワクチンの関連キーワードペプチドホルモンポリペプチド神経ペプチドペプチド鎖カルシトニン遺伝子関連ペプチドグルカゴン関連ペプチドジペプチド糖ペプチド苦みペプチド遺伝子組換えペプチドホルモン (recombinant peptide hormones)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone