コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工ワンド じんこうわんど

1件 の用語解説(人工ワンドの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

人工ワンド

ワンド(湾処)とは、河川や湖沼にある入り江のことで、増水時の魚の逃げ場や産卵場所として欠かせない。釣りの好ポイントの1つでもある。2004年4月、埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)を流れる新河岸川に、全国でも例のない人工ワンドが造られた。近年、河川改修によって各地の河川からワンドが消えつつあるなかで、奥行き10m、幅2.5mの小さな人工ワンドは、河川整備における自然環境確保の新たな試みとして注目されている。同じ人工でも、ブラックバス用の人工産卵床は駆除のためのもの。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone