コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新河岸川 しんかしがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新河岸川
しんかしがわ

埼玉県南部,関東平野西部を流れる川。全長 26km。川越市東部の伊佐沼に水源をもち,荒川にほぼ並行して流れ,東京都北区岩淵において荒川に合流する。武蔵野台地を流れる柳瀬川,黒目川の水を集め,江戸時代は江戸と川越を結ぶ舟運で栄え,現在も河岸地名が残る。非常に曲流の多い川であったが,昭和初期の改修によって直線状の流路となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんがし‐がわ〔‐がは〕【新河岸川】

埼玉県南部を流れる川。川越市北部や伊佐沼などを水源とする。武蔵野台地を南流し、東京都北区岩淵水門で隅田川に合流する。長さ26キロ。江戸後期~昭和初期まで江戸(東京)と川越を結ぶ物資の舟運が盛んだった。古くは内(うち)川といった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新河岸川【しんがしがわ】

埼玉県南部の川。長さ26km。川越市の伊佐沼に発し,荒川の沖積地を流れ,東京都北区で荒川に合流する。江戸時代は川越〜江戸間の舟運に利用され,川越五河岸などの発達をみた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕新河岸川(しんがしがわ)


埼玉県南部から東京都北部を流れる川。狭山(さやま)丘陵に源を発した複数の細流が埼玉県川越(かわごえ)市で新河岸川となり、南東流して東京都北区志茂(しも)付近で隅田(すみだ)川に合流する。1級河川(荒川水系)。延長約26km。江戸時代から昭和初期まで川越と江戸を結ぶ舟運として盛んに利用された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新河岸川
しんがしがわ

埼玉県の南部を流れる川。川越(かわごえ)市街地の北部や伊佐(いさ)沼などに源をもち、武蔵野(むさしの)台地縁辺を南下し、東京都北区岩淵(いわぶち)水門下で隅田(すみだ)川に合流する。古くは内(うち)川とよんだ。1647年(正保4)川越城主松平信綱(のぶつな)が舟運を開いてから新河岸川とよばれ、江戸後期から明治まで、江戸と川越とを結ぶ物資の輸送が盛んであったが、1931年(昭和6)通船は停止された。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新河岸川の関連キーワード伊勢安と川越市立博物館東京都北区志茂水子大応寺貝塚ふじみ野(市)富士見[市]上福岡[市]富士見(市)板橋(区)人工ワンドふじみ野市川越(市)難波田氏館川越[市]野火止用水志木[市]富士見市志木市上福岡和光市丘陵

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新河岸川の関連情報