コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工乳房 じんこうちぶさArtificial Breast

知恵蔵miniの解説

人工乳房

乳がんによる乳房切除後の乳房再建美容整形の豊胸手術で使用される、生理食塩水シリコンなどを入れて人工的に作られた乳房。人口乳腺とも呼ばれる。直接胸に挿入するか、皮膚組織拡張器で胸の皮膚を伸ばした後に挿入する。従来、人工乳房や再建にかかる費用は全額自己負担とされてきたが、2013年7月、国が公的医療保険の適用を承認した。乳がんによって乳房を全摘出した後の再建術に限り、米国の医薬品・医療機器メーカーの日本法人アラガン・ジャパンの人工乳房と組織拡張器の2製品に保険が適用される。

(2013-6-14)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐にゅうぼう〔‐ニユウバウ〕【人工乳房】

乳癌(にゅうがん)の手術などで欠損した乳房の形を補正するために使用されるインプラントあるいは装具。シリコンゲルを充填したバックを皮下に挿入するものや、シリコン樹脂で乳房の形を再現し胸部に装着するものなどがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工乳房の関連情報