コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装具 ソウグ

4件 の用語解説(装具の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐ぐ〔サウ‐〕【装具】

武装の際などに身につける器具。
機能に障害のある体幹・四肢に装着する器具。コルセット・長下肢装具・股関節装具など。
化粧の道具。
室内などの飾りつけに用いる道具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうぐ【装具】

一般には化粧や武装用に身体につける道具を指すが,ここではリハビリテーションを中心に医療の場で用いられる装具orthosisについて述べる。四肢や体幹の障害に対して,これを助けるために作られ装着されるものをいい,その目的として,(1)変形の予防,(2)安静固定,(3)荷重支持,(4)機能の代償,(5)変形矯正,(6)不随意運動コントロール,などがあげられる。装具は医師の処方によって作られるが,その目的が医療用のものか更生用のものかによりその費用の出所が異なるので注意を要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうぐ【装具】

身につける道具。武装のためや作業などをするために身につける道具。
かんざしなどの、身を飾るための道具。
機械に取り付ける道具。
室内などの飾り付けに用いる道具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

装具
そうぐ
orthoticsorthosis

四肢や体幹の機能障害に対する補助具の総称。ブレースbraceも装具と訳され、副子(ふくし)(副木)splintも装具の一種である。変形の防止や矯正、不随意運動のコントロール、体重の支持などの目的で装着され、材料としては硬性プラスチックを用いたものが多い。装着部位により、上肢装具、下肢装具、体幹装具に大別される。[永井 隆]

上肢装具

肩甲帯、肩装具、上腕装具、肘(ひじ)装具なども含まれるが、もっとも重要なものは手の装具で、把持装具、手関節用装具、長対立装具、短対立装具などがある。このうち、簡単で小さい装具を副子とよぶこともある。[永井 隆]

下肢装具

体重を支えて歩行する下肢の機能を助けるもので、長下肢装具、短下肢装具、膝(ひざ)装具などがあり、歩行訓練用に使われる。[永井 隆]

体幹装具

おもに脊椎(せきつい)の変形防止や矯正に用いられるもので、縦と横の二方向に硬性の支柱をもち、体幹を取り巻くように装着する。コルセットは縦か横かどちらか一方向だけに支柱があるものをいう。装着部位により、頸椎(けいつい)装具、胸腰椎装具、腰椎装具、腰仙椎装具などに分けられる。なお、頸椎装具としては頸椎カラーがよく使われており、牽引(けんいん)装置付きのものも用いられる。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

装具の関連キーワード一縮女は化け物化粧室化粧台化粧箱香奩体道具箱武装防具身体権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

装具の関連情報