コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形浄瑠璃文楽

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人形浄瑠璃文楽

江戸時代に大阪で生まれた伝統芸能。何人もの登場人物の喜怒哀楽を1人で語り分ける「太夫(たゆう)」、太棹(ふとざお)のズシリと響く音色で情景や感情を表現する「三味線」、3人で1体の人形を自在に操る「人形遣い」の「三業」が織りなす舞台芸術だ。2003年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作」(現・無形文化遺産)に登録された。 有名な演目としては「曽根崎心中(そねざきしんじゅう)」や「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」などが挙げられる。人間国宝の太夫、竹本住大夫(すみたゆう)さん(89)の引退公演が4月に大阪市の国立文楽劇場、5月に東京都千代田区の国立劇場小劇場で開かれる。

(2014-03-30 朝日新聞 朝刊 リライフ左)

人形浄瑠璃文楽

江戸時代に大阪で生まれた伝統芸能。何人もの登場人物の喜怒哀楽を1人で語り分ける「太夫(たゆう)」、太棹(ふとざお)のズシリと響く音色で情景や感情を表現する「三味線」、3人で1体の人形を自在に操る「人形遣い」の「三業」が織りなす舞台芸術だ。2003年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作」(現・無形文化遺産)に登録された。 有名な演目としては「曽根崎心中(そねざきしんじゅう)」や「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」などが挙げられる。人間国宝の太夫、竹本住大夫(すみたゆう)さん(89)の引退公演が4月に大阪市の国立文楽劇場、5月に東京都千代田区の国立劇場小劇場で開かれる。

(2014-03-30 朝日新聞 朝刊 リライフ左)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

人形浄瑠璃文楽の関連キーワード[団体指定]芸能部門(保持者指定)豊竹 若太夫(10代目)豊竹 小松太夫(2代目)野沢 喜左衛門(2代目)竹本 越路太夫(4代目)竹本 住太夫(6代目)丸本物(まるほんもの)植村 文楽軒(6代目)竹本 綱太夫(8代目)桐竹 紋十郎(2代目)桐竹 勘十郎(2代目)竹本 津太夫(4代目)竹沢 弥七(10代目)野沢 錦糸(4代目)[各個指定]芸能部門鶴沢 寛治(6代目)鶴沢 燕三(5代目)鶴沢 清六(4代目)竹本源大夫(9代目)植村文楽軒(1世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人形浄瑠璃文楽の関連情報