人肌・人膚(読み)ひとはだ

精選版 日本国語大辞典「人肌・人膚」の解説

ひと‐はだ【人肌・人膚】

〘名〙
① 人間の皮膚。他の人のはだ。
※天祿四年円融院・資子内親王乱碁歌合(973)「そのに人はだのやうにて押しつけたる歌」
② 人間の皮膚のぬく。人の皮膚ほどのあたたかさ。
※虎寛本狂言・仏師(室町末‐近世初)「いらふて見ましたれば、まだ人肌(ハダ)で御座った」
③ 比喩的に、人間らしいあたたかみ。
※寄席風俗‐上方落語・芝居噺研究(1942)〈正岡容〉「此らの人肌のかよってゐる市井語の自在なる使駆は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android