コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方落語 かみがたらくご

知恵蔵の解説

上方落語

江戸落語」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上方落語
かみがたらくご

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上方落語の言及

【落語】より

…露の五郎兵衛は《露がはなし》《露新軽口ばなし》など6部の咄本を残し,現在の落語の原型も多い。米沢彦八は五郎兵衛以後の上方落語界の中心になり,その咄には現在口演されるものも多い。大坂では辻咄をする者の異名を〈彦八〉と称したほど有名だった。…

※「上方落語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上方落語の関連キーワード笑福亭 松鶴(7代目)笑福亭 松鶴(6代目)林家 染丸(3代目)露の五郎兵衛(2代)大阪府池田市栄本町笑福亭松鶴(6代)桂春団治(3代目)桂 春団治(初代)上方落語の四天王じごくのそうべえ桂春団治(3世)たまちゃんハウス桂文枝(5代)落語の東西交流桂米朝(3代)桂文治(初代)上方落語ノート上方落語の隆盛松富久亭松竹笑福亭松鶴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上方落語の関連情報