コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人食い/人喰い ヒトクイ

1件 の用語解説(人食い/人喰いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひと‐くい〔‐くひ〕【人食い/人×喰い】

人間が人間の肉を食うこと。また、その風習。食人。カニバリズム。
動物が人間に食いつくこと。人間を襲ってえじきとすること。また、その動物。「―鮫(ざめ)」
「身どもが―の犬をもったが、やらずすごさず人をくふ」〈虎明狂・犬山伏〉
[補説]書名別項。→人喰い

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人食い/人喰いの言及

【カニバリズム】より

…飢饉などの極限状態において,あるいは特殊な反社会的,病的な行為として,あるいはまた愛の極限において,人間が人間を食うことがあるということは広く知られている。しかし狭義には,カニバリズム(人肉嗜(し)食,食人習俗)という語は,食人が正常かつ合法的な行為として社会的に認められていたり,一定の状況または条件のもとで食人が義務もしくは権利として規定されたりしている場合,つまり,社会的に容認された慣習としての食人を指すのに用いられる。…

※「人食い/人喰い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone