コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁木満長 にき みつなが

2件 の用語解説(仁木満長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁木満長 にき-みつなが

?-? 南北朝-室町時代の武将。
仁木義長の子。伊勢(いせ)(三重県)の守護土岐(とき)康行が美濃(みの)の乱により失脚し,後をうけて明徳元=元中7年(1390)守護となる。応永3年守護職は異母兄仁木義員(よしかず)にあたえられたので,これを不満として満長は出家遁世(とんせい)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仁木満長

生年:生没年不詳
南北朝末・室町時代初期の武将。伊勢などの守護仁木義長の子。仁木氏は足利一門の末流であったが,義長の兄頼章が室町幕府執事となり,その勢威を背景に南北朝初期には一時9カ国守護を兼ねた。しかし応安5/文中1(1372)年に分国但馬を山名氏に奪われたのを最後に,分国は皆無となった。満長は,美濃の乱足利義満により土岐氏が失脚したあと明徳1/元中7(1390)年伊勢守護に補任されるが,応永3(1396)年7月には庶兄の仁木義員に更迭され伊勢に没落,途中出家逐電したとされ,その後の動静は明らかではない。なおこの満長から義員への更迭は義満近習の結城満藤の策謀で,怒った守護大名らは義満に迫って満藤を追放するという事件が起こっている。満長の子孫は守護にはならなかったものの,伊勢仁木家として存続した。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁木満長の関連キーワード源氏物語・大沢本伊勢貞長伊勢貞行北畠顕泰少弐貞頼宗頼茂長瀬泰貞仁木義員波多野通郷遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone