仏の座(読み)ホトケノザ

デジタル大辞泉の解説

ほとけ‐の‐ざ【仏の座】

春の七草の一。タビラコのこと。 新年》
シソ科越年草路傍に生え、高さ約20センチ。葉は半円形で縁に浅いぎざぎざがあり、2枚が相対してつく。4、5月ごろ、葉の付け根に、筒状唇形の紫紅色の花を数個ずつつける。つぼみ状の閉鎖花もある。三階草(さんがいぐさ)。かすみそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほとけのざ【仏の座】

キク科のタビラコの別名。春の七草の一。
シソ科の越年草。道端や畑などに自生。高さ約20センチメートル。葉は対生し、半円形。春、葉腋に紅色の唇形花を数個ずつ輪生する。カスミソウ。サンガイグサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏の座の関連情報