田平子(読み)たびらこ

精選版 日本国語大辞典「田平子」の解説

た‐びらこ【田平子】

〘名〙
キク科の二年草。本州以西各地の水田や湿地で、冬から早春に普通に見られる。高さ約二〇センチメートル。全体に無毛。葉はロゼット状に根生、長さ六センチメートルぐらいの長楕円形で羽状に深裂し頂片が最も大きい。茎はロゼットの中央から数本ななめに立ち、まばらに分枝して先に舌状花だけから成る小さな黄色の頭花をつける。若葉をゆでて食べる。春の七草ホトケノザは本種とされる。漢名、稲槎菜。こおにたびらこ。かわらけな。《季・新年》
※大和本草(1709)五「黄瓜菜(タビラコ)〈略〉本邦人曰七種の菜の内、仏の座是也」
② 植物「きゅうりぐさ(胡瓜草)」の誤称。
③ 魚「たなご(鱮)」の異名。〔和漢三才図会(1712)〕
[語誌](1)春の七草の「仏座(ほとけのざ)」は、一般にはタビラコであるとされている。しかし、「壒嚢鈔‐一」「至宝抄」「伽・七草草紙」などには「仏の座」の名とともに「たびらこ」の名も挙げられている。「仏座」が現在のタビラコに当たるとするならば、この「たびらこ」が何に当たるかが問題となろう。
(2)「仏座」をタビラコに当てるのは「日本歳時記‐一」の「七種菜(ななくさな)といふは、歌に、せりなづな五形はこべら仏乃座すずなすずしろこれぞ七くさ。〈〈略〉仏の座とは俗にいへるかはらけなといふものなり〉」という記述と、①の挙例「大和本草‐五」とに見えるが、随筆「古今沿革考」には「七種〈略〉車前車〈ほとけの座 おほばこ〉」としてオオバコの図が描かれている。
(3)「年中故事要言」に「七種菜〈略〉たびらこは、はこべなり」としてハコベに当てるが、前記の「壒嚢鈔」には「田びらこ」以外に「蘩蔞」が挙げてあり、一概に断定はできない。
(4)①の挙例「大和本草‐五」の「黄瓜菜」は「ニガナ」の漢名で、「大和本草批正」では「黄瓜菜 にがなと訓ずべし〈略〉たびらこは鶏膓草なり」としている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「田平子」の解説

たびらこ【田平子】

キク科の越年草。本州以西の田やあぜに生える。高さ約10センチ。葉はロゼット状で羽状に裂ける。早春、黄色い頭状花を開く。若葉はゆでて食用とする。春の七草ホトケノザは本種をさす。かわらけな。こおにたびらこ。 新年》「―や洗ひあげおく雪の上/冬葉」
キュウリグサのこと。
タナゴ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android