コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田平子 タビラコ

デジタル大辞泉の解説

たびらこ【田平子】

キク科の越年草。本州以西の田やあぜに生える。高さ約10センチ。葉はロゼット状で羽状に裂ける。早春、黄色い頭状花を開く。若葉はゆでて食用とする。春の七草ホトケノザは本種をさす。かわらけな。こおにたびらこ。 新年》「―や洗ひあげおく雪の上/冬葉」
キュウリグサのこと。
タナゴの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たびらこ【田平子】

キク科の越年草。田の畦あぜなどに生える。根出葉はロゼット状で地に平らにつく。春、高さ約15センチメートルの花茎を数本出し、黄色の頭花を数個つける。若い葉をつみとって食用にする。春の七草のホトケノザは本種をさす。コオニタビラコ。
キュウリグサの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

田平子 (タビラコ)

植物。キク科越年草コオニタビラコの別称

田平子 (タビラコ)

植物。ムラサキ科の二年草,薬用植物。キュウリグサの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

田平子の関連キーワード赤木城跡及び田平子峠刑場跡オニタビラコ(鬼田平子)三重県熊野市紀和町赤木田平子峠刑場跡タビラコ熊野市赤木城根出葉頭花あぜ仏座紀和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android