路傍(読み)ろぼう

精選版 日本国語大辞典「路傍」の解説

ろ‐ぼう ‥バウ【路傍】

〘名〙 みちのほとり。みちばた。
※延喜式(927)一一「其行幸路傍百姓窮困者賑恤」 〔劉楨‐公讌詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「路傍」の解説

【路傍】ろぼう(ばう)

道ばた。・劉敞〔江西道中〕詩 (つね)に(あざけ)る、介甫(王安石)の新法を行ふを 常に恨む、歐(陽脩)の書を讀まざるを す、劉の今已(や)んぬるを 路傍の喬木、日に(せうそ)なり

字通「路」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android