コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春の七草 ハルノナナクサ

百科事典マイペディアの解説

春の七草【はるのななくさ】

春の若菜の中で代表的な7種を選んだもの。古歌に〈(せり)なずな御形(ごぎょう)はこべら仏の座,すずなすずしろこれぞ七草〉とよまれる。御形はハハコグサ,はこべらはハコベ,仏の座はタビラコ,すずなはカブ,すずしろはダイコンをさす。→秋の七草
→関連項目セリ(芹)ナズナ七草ホトケノザ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はるのななくさ【春の七草】

正月7日に7種の草を入れたかゆを食べて健康を祈念した年中行事がいつごろから始まったものかは定かでないが,その七草がゆに入れられる若菜を春の七草という。古く短歌の形に詠まれた7種がセリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナスズシロであるが,これらのうち,ゴギョウはハハコグサ,ハコベラはハコベ,ホトケノザは現在この名で呼ばれているものではなくてタビラコ,スズナはカブ,スズシロはダイコンであるが,正月7日に使った若菜は時代や場所によって必ずしも一定しなかったようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はるのななくさ【春の七草】

正月七日の七草粥がゆに入れる若菜。セリ・ナズナ・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(タビラコ)・スズナ(カブ)・スズシロ(ダイコン)の七種。 [季] 新年。 → 秋の七草

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春の七草
はるのななくさ

正月7日の「七草粥(がゆ)」の中に入れる7種の野草。秋の七草が観賞を目的としたものであるのに対し、春の七草では食用とされる植物が選ばれている。緑の乏しい寒中にとって食べ、邪気を払い、縁起を祝った中国の古い風習が日本にも伝えられ、春の七草になったといわれる。時代によっては12種のこともあったといわれるが、現在では、鎌倉時代の『河海抄(かかいしょう)』にみえる「芹(せり) なづな 御行(おぎょう) はくべら 仏座(ほとけのざ) すずな すずしろ これぞ七種(ななくさ)」の歌に詠み込まれている7種類が春の七草とされる。なお一般には、御行は「ごぎょう」、はくべらは「はこべら」と呼び習わされている。この七草をいまの植物名に当てはめると、芹=セリ(セリ科)、なづな=ナズナ(アブラナ科)、御行=ハハコグサ(キク科)、はくべら=ハコベ(ナデシコ科)、仏座=コオニタビラコ(キク科)、すずな=カブ(アブラナ科)、すずしろ=ダイコン(アブラナ科)となる。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の春の七草の言及

【七草】より

…七種とも書き,春の七草と秋の七草がある。
[春の七草]
 〈せり,なずな,ごぎょう,はこべら,ほとけのざ,すずな,すずしろ,これや七草〉とうたわれたように,これらを春の七草と称し,この,ごぎょうはハハコグサ,はこべらはハコベ,ほとけのざはタビラコ,すずなはカブ,すずしろは大根とされる。…

※「春の七草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

春の七草の関連キーワードキュウリグサ(胡瓜草)ホトケノザ(仏の座)ハハコグサ(母子草)カブ(蕪∥蕪菁)七種粥/七草粥ハコベ(繁縷)七種粥・七草粥七種を囃すセリ(芹)繁縷・蘩蔞カブ(蕪)七種・七草蘿蔔・清白西条の七草御形・五形菘・鈴菜七種叩き母子草田平子大根

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春の七草の関連情報