仏跡巡拝(読み)ぶっせきじゅんぱい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏跡巡拝
ぶっせきじゅんぱい

釈尊の遺跡をめぐって参拝すること。釈尊の生誕地ルンビニー,悟りを開いた地ブッダガヤー,最初の説法の地ワーラーナシ,入滅地クシナガラを四塔とする。さらにゆかりの地を加えて八大霊塔,その他の仏跡や仏弟子ゆかりの地を巡礼する風が起り,アショーカ王もこれらを巡礼して各地に塔を建てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android