コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説法 セッポウ

3件 の用語解説(説法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっ‐ぽう〔‐ポフ〕【説法】

[名](スル)
仏教の教義を説き聞かせること。「釈迦(しゃか)に説法
物事の道理などを言い聞かせること。説教。「息子に説法する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっぽう【説法】

( 名 ) スル
仏の教えを説いて聞かせること。 「釈迦に-」
意見すること。自分の考えを相手に言い聞かせること。 「おやじに-された」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

説法
せっぽう

仏の教え(法)を説き伝えること。説教、演説、法談、談義、勧化(かんけ)、唱導(しょうどう)などともいう。釈迦(しゃか)は聞き手の能力に応じ、その場合に適した教え方で、理解できるように説法した。これを対機(たいき)説法という。しかし、同一のことばで説法しても、聞き手の理解する能力の程度によって、理解する深さも違う。仏は、(1)真実のことばで、(2)能力素質に応じ、(3)悟るための手段を設け、(4)悟りの道を示し、(5)大悲の心で説くものであるという。これを五種説法という。説法は出家者の行う施しの行為(法施(ほっせ))とする。また、定めたときにする教団の行事でもあった。説法の儀式のあり方、聞き手の心得などは経典や各派の宗典に詳述されている。中国では斎会(さいえ)に説法することを唱導という。また絵を見ながら説明する絵解きも隆盛であった。日本では唱導を専門化し、代々家業とするものも出て、俗化していった。今日、宗祖の教えや寺の縁起などを節(ふし)にあわせて語る節談(ふしだん)説教が注目されている。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説法の関連キーワード教義学大乗義章法数空門講義説経師談義僧法談理を分ける説聞かせる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

説法の関連情報