他国三界(読み)たこくさんがい

精選版 日本国語大辞典「他国三界」の解説

たこく‐さんがい【他国三界】

〘名〙 (「さんがい」は接尾語) よその国の遠くはなれたところ。
浄瑠璃・娥歌かるた(1714頃)四「他国三がい此の雪に、御身にかけてのいたはりは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android