遠く(読み)トオク

デジタル大辞泉「遠く」の解説

とおく〔とほく〕【遠く】

形容詞「とおい」の連用形から》
[名]遠いところ。遠方。「遠くの町」「遠くへ行く」
[副]隔たりが大きいさま。はるかに。「先達には遠く及ばない」「遠く一〇〇〇年の昔から行われている」
[類語]遠方遠隔遠い遠め程遠い間遠まどお遥か遥けしはるばる遠路迂遠うえん悠遠長途遼遠遠距離僻遠へきえん万里以遠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android