遠く(読み)トオク

デジタル大辞泉 「遠く」の意味・読み・例文・類語

とおく〔とほく〕【遠く】

形容詞「とおい」の連用形から》
[名]遠いところ。遠方。「遠くの町」「遠くへ行く」
[副]隔たりが大きいさま。はるかに。「先達には遠く及ばない」「遠く一〇〇〇年の昔から行われている」
[類語]遠方遠隔遠い遠め程遠い間遠まどお遥か遥けしはるばる遠路迂遠うえん悠遠長途遼遠遠距離僻遠へきえん万里以遠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android