コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御身 オミ

デジタル大辞泉の解説

お‐み【御身】

[代]二人称の人代名詞。対等またはそれに近い相手に用いる。あなた。
「番頭、これ、―はいろいろの事をいふの」〈滑・浮世風呂・前〉

おん‐み【御身】

[名]」の敬称。おからだ。「時節柄御身お大切に」
[代]二人称の人代名詞。敬意を含んでいう語。あなた。
「彼は改めて―にさえ異存なくば、この際結婚して」〈福田英子・妾の半生涯〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おみ【御身】

( 代 )
二人称。対等またはそれに近い下位者に用いる。そなた。おまえ。 「 -がゐるとは知つての当言/浄瑠璃・宵庚申 」 〔近世の武士言葉で、「おんみ」より敬意は低い〕 → おんみ

おんみ【御身】

( 名 )
相手のからだを敬っていう語。 「 -お大切に」
( 代 )
二人称。軽い敬意をふくんだ言い方。あなた。 「いかに御辺、-は万の鳥の中にすぐれてうつくしく/仮名草子・伊曽保物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御身の関連キーワード返り花・帰り花温む・微温む愛新覚羅慧生思ひ鎮まる骨髄を砕く大座します労き・病きアドロ・テつやつやおかさま煙となる現しおみすんすん愛の旅路仕上げる血の余り仮名草子後妻打ち彼方此方人代名詞

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御身の関連情報