御身(読み)おみ

精選版 日本国語大辞典「御身」の解説

お‐み【御身】

名〙 (「お」は接頭語) 対称。対等またはそれに近い下位者に対して用いる。
※咄本・百物語(1659)下「おみは人をなぶるか、此山椒からくなくは、一斤ふるまふといふ」
[語誌](1)「おんみ」は中世以降用いられている代名詞であるが、「おみ」は近世になってから現われた武士ことばで、前者に比して待遇価値が低い。
(2)近世前期上方語では世話浄瑠璃等に散見し、同等もしくはそれに近い目下のものに対して用いられていたが、後期江戸語では目下のものに限って使われており、待遇価が落ちる。
(3)「御身」と表記されることが多く、「おんみ」か「おみ」か判断しがたい例が多いが、「おんみ」に比べ「おみ」は口語的性格が強いようであり、現在でも各地方言で残っている。また、「おみさま」という用法もある。

おん‐み【御身】

[1] 〘名〙 (「おん」は接頭語) 「身」を尊敬していう。おからだ。ご身分。
※竹取(9C末‐10C初)「御身の化粧いといたくして、やりて泊りなんものぞとおぼして」
[2] 〘代名〙 対称。かるい敬意をもつ。あなた。
※保元(1220頃か)下「御歎きはさる御事にて候へ共、御身ひとりの事ならず」
[語誌]→「おみ(御身)」の語誌

おおん‐み おほん‥【御身】

〘名〙 (「おおん」は接頭語。「おほむみ」とも表記) 高貴な人の「身」を敬っていう。お姿。御境遇。おん身。おおみみ。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「あないみじや。などかかるおほん身とはなりつる」

ご‐しん【御身】

〘名〙 (古く「ごじん」とも) おからだ。おんみ。
※熱田本平家(13C前)五「白毫新たに拝まれ給ひし満月の尊容も、御頭は焼摽(おち)て大地に在り、御身(コしん)は涌合て」

み‐ま【御身】

〘名〙 (「み」は接頭語) 天皇の御身体。おおみま。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉六月暦「此に竹にて御体(ミマ)を量り奉ること五度に及ぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御身」の解説

お‐み【御身】

[代]二人称の人代名詞。対等またはそれに近い相手に用いる。あなた。
「番頭、これ、―はいろいろの事をいふの」〈滑・浮世風呂・前〉

おん‐み【御身】

[名]」の敬称。おからだ。「時節柄御身お大切に」
[代]二人称の人代名詞。敬意を含んでいう語。あなた。
「彼は改めて―にさえ異存なくば、この際結婚して」〈福田英子・妾の半生涯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android