他山の石以て玉を攻むべし(読み)タザンノイシモッテタマヲオサムベシ

デジタル大辞泉の解説

他山(たざん)の石(いし)以(もっ)て玉(たま)を攻(おさ)むべし

《「詩経小雅・鶴鳴から》よその山から出た質の悪いでも、自分の玉を磨くのに役立てることができる。転じて、他人の誤った言行でも、自分の修養の助けとなるということ。→他山の石[補説]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たざんのいしもってたまをおさむべし【他山の石以て玉を攻むべし】

〔詩経 小雅、鶴鳴「他山之石、可以攻一レ玉」〕
よその山から出た粗悪な石も自分の玉を磨くのに利用できるの意から、他人のつまらぬ言行も自分の人格を育てる助けとなりうることのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たざん【他山】 の 石以(もっ)て玉(たま)を攻(おさ)むべし

(「詩経‐小雅・鶴鳴」の「他山之石可以攻一レ玉」による) よその山から出た粗悪な石でも、自分の玉をみがくのに役だてることができる。転じて、人の誤った言行も自分の修養の助けにできる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android