コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他山の石以て玉を攻むべし タザンノイシモッテタマヲオサムベシ

2件 の用語解説(他山の石以て玉を攻むべしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

他山(たざん)の石(いし)以(もっ)て玉(たま)を攻(おさ)むべし

《「詩経」小雅・鶴鳴から》よその山から出た質の悪い石でも、自分の玉を磨くのに役立てることができる。転じて、他人の誤った言行でも、自分の修養の助けとなるということ。→他山の石[補説]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たざんのいしもってたまをおさむべし【他山の石以て玉を攻むべし】

〔詩経 小雅、鶴鳴「他山之石、可以攻一レ玉」〕
よその山から出た粗悪な石も自分の玉を磨くのに利用できるの意から、他人のつまらぬ言行も自分の人格を育てる助けとなりうることのたとえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone