他山の石以て玉を攻むべし(読み)タザンノイシモッテタマヲオサムベシ

  • たざん
  • の 石以(もっ)て玉(たま)を攻(おさ)むべし
  • 他山
  • 他山(たざん)の石(いし)以(もっ)て玉(たま)を攻(おさ)むべし

精選版 日本国語大辞典の解説

(「詩経‐小雅・鶴鳴」の「他山之石可以攻一レ玉」による) よその山から出た粗悪な石でも、自分の玉をみがくのに役だてることができる。転じて、人の誤った言行も自分の修養の助けにできる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android