小雅(読み)ショウガ

デジタル大辞泉「小雅」の解説

しょうが〔セウガ〕【小雅】

詩経」の分類の一。六義りくぎの一つであるを、大雅とともに構成する。朝の儀式祭祀宴席などでうたわれた、短い民謡風な歌74編を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「小雅」の解説

しょう‐が セウ‥【小雅】

経の内容の一つ。大雅とともに、詩経の詩の三大別である風・雅・の雅を構成する。周王朝の儀式・祭祀・宴会などに歌われた歌七四編を収める。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「小雅」の解説

【小雅】しよう(せう)が

周の貴族社会の詩。〔詩、大序なるは、~王の由りて廢興するなり。に小大り。故に小り、大り。

字通「小」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android