修養(読み)シュウヨウ

  • しゅうよう シウヤウ
  • しゅうよう〔シウヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。「刻苦勉励して修養を積む」「精神を修養する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 学問をおさめ、徳性をやしない、より高い人格形成に努めること。精神を練磨し、品性をやしない、人格を高めること。
※童子問(1707)中「夫修養之引年、資質之変化、皆可勉而至焉」 〔張養浩‐寿子詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修養の関連情報