修養(読み)シュウヨウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐よう〔シウヤウ〕【修養】

[名](スル)知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。「刻苦勉励して修養を積む」「精神を修養する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうよう【修養】

( 名 ) スル
学問を修め精神をみがき、人格を高めるよう努力すること。 「 -を積む」 「才智を-する方法/自由之理 正直」 〔もと道家の語で、養生の意〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐よう シウヤウ【修養】

〘名〙 学問をおさめ、徳性をやしない、より高い人格形成に努めること。精神を練磨し、品性をやしない、人格を高めること。
※童子問(1707)中「夫修養之引年、資質之変化、皆可勉而至焉」 〔張養浩‐寿子詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修養の関連情報