コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他阿 たあ

5件 の用語解説(他阿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

他阿

僧侶。江戸霊巌寺第二代。号は雄蓮社正誉・法爾・遊行上人・三十五世他阿。智誉上人に師事。寛永17年(1640)寂、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たあ【他阿】

[1237~1319]鎌倉中期の時宗の僧。法号は真教房蓮阿、のち他阿弥陀仏一遍と教化事業を進め、二祖遊行(ゆぎょう)上人ともよばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

他阿 たあ

真教(しんきょう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

他阿

没年:元応1.1.27(1319.2.17)
生年:嘉禎3(1237)
鎌倉後期の時宗の僧。第2代遊行上人。諱は真教。家系や出身は不明である。初めに浄土宗鎮西派の良忠の弟子であったが,建治3(1277)年に九州を遊行中の時宗開祖の一遍に会い,その教えを受ける。以後,一遍に随伴し遊行して,その教化を助けた。正応2(1289)年に一遍が没したのち,人々に推されて後継者となった。16年間にわたり北陸と関東を中心に遊行して,教団の確立と勢力発展に努めた。寺や道場を増やして時衆の定着を積極的に図り,遊行から定着への方向転換打ち出し,檀那の獲得にも努めた。さらに時衆を統制するために,帰命戒を作り,自らとその後継者に対しての絶対服従を求めた。嘉元2(1304)年に相模国(神奈川県)当麻に無量光寺を建立して止住した。鎌倉の武士や京都の貴族との交流を持ち,そのことが時宗の発展を促した面があった。正和5(1316)年の段階で,道場は100カ所にものぼったことが書状に書かれている。歌人で有名な京極為兼との接触もあった。晩年には作歌が多く,歌人としても知られる。歌集に『大鏡集』がある。時宗教団の発展の基礎は,他阿の手によるところが大きく,後世には一遍をおいて「大聖」「大上人」と尊称されるようになった。代々の遊行上人は,他阿弥陀仏(他阿)を名乗った。<著作>『他阿上人法語録』<参考文献>聖戒編『一遍聖絵』,『遊行上人縁起絵』,金井清光『一遍と時衆教団』

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たあ【他阿】

「他阿弥陀仏」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の他阿の言及

【一遍上人絵伝】より

…諸本のうちこの聖戒本の系統は少ない。これに対し,宗俊(一遍の門弟,あるいは2祖他阿の弟子)が編纂した《一遍上人縁起絵》10巻本(宗俊本)は,第5巻以降を他阿真教の伝記にあて,時宗教団の目的にいっそう合致したためか,この系統のものが多く制作された。その第1伝本は伝わらないが,金蓮寺本(1307作,ただし現存するのは転写本),真光寺本(1323作),金台寺本,清浄光寺本(1911焼失)などがあり,これらは《遊行上人縁起絵》とも呼ばれている。…

※「他阿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

他阿の関連キーワード意天尊任上人託阿上人清浄光寺遊行上人託何呑海遊行上人(初代)遊行上人(2代)真観

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

他阿の関連情報