法号(読み)ホウゴウ

大辞林 第三版の解説

ほうごう【法号】

僧が死者に与える名。法名。戒名。
受戒した僧に師が与える名。法名。戒名。
仏殿・仏寺などの名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ごう ホフガウ【法号】

〘名〙 仏語。
① 出家したとき、師が授ける名前。出家した人の本名。法名。法諱。戒名。
※拾遺往生伝(1111頃)上「大唐国開元朝、大三蔵婆羅門国王子、法号善无畏」 〔謝小娥伝〕
② 僧が死者につける法名。戒名。
※応仁前記(1711)上「御母君御逝去有之〈略〉即御法号を勝智院殿従一位万山性寿大禅定尼と称し奉りぬ」
仏殿仏寺などの名。
※中右記‐長承元年(1132)二月二六日「以顕頼、御願寺法号勘文五通被殿下

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法号の関連情報