コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一遍 いっぺん

10件 の用語解説(一遍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一遍
いっぺん

[生]延応1(1239).2.15. 伊予
[没]正応2(1289).8.23. 播磨
鎌倉時代の僧。時宗の開祖。 10歳で母に死別し,その後天台を学び,13歳で九州の法然の浄土教の流れである西山派の聖達に師事。 36歳のとき (1274) ,四天王寺高野山に詣で,熊野で熊野本宮証誠殿に参籠していたところ,「信,不信をえらばず,浄,不浄をきらはず,その札をくばるべし」という啓示を受け,念仏の札を配る念仏賦算の時宗が成立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぺん【一遍】

一回。一度。「一遍乗ってみたい」→一遍に
ひとわたり。一部始終。
「理趣分をこそ―読み侍りしか」〈発心集
(名詞の下に付き、接尾語的に用いて)表面のみで、内実のこもらないさまを表す。「通り一遍のあいさつ」「義理一遍

いっぺん【一遍】[人名]

[1239~1289]鎌倉中期の僧。伊予の人。時宗(じしゅう)の開祖。法名は智真(ちしん)。延暦寺に入り、太宰府法然孫弟子聖達に浄土教を学ぶ。のち熊野に参籠(さんろう)、霊験により一遍と号し、他力念仏を唱えた。衆生済度のため、民衆に踊り念仏を勧め、全国を遊行(ゆぎょう)した。遊行上人。捨聖(すてひじり)。円照大師

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一遍【いっぺん】

鎌倉時代の時宗(じしゅう)の開祖。伊予国の豪族河野道広の子。諱(いみな)は智真(ちしん),遊行上人(ゆぎょうしょうにん)と称された。1271年信濃善光寺阿弥陀信仰を感得,1274年より布教の生活に入った。
→関連項目鎌倉仏教河野氏飾磨津清浄光寺浄土教白河関真光寺念仏仏教法語和讃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一遍 いっぺん

1239-1289 鎌倉時代の僧。
延応元年2月15日生まれ。時宗(じしゅう)の開祖。浄土宗西山派の聖達(しょうたつ)にまなぶ。信濃(しなの)(長野県)善光寺などに参籠(さんろう)し念仏往生をさとる。紀伊(きい)熊野権現(ごんげん)(和歌山県)で神託を得,全国を遊行(ゆぎょう)。踊り念仏をひろめ,おおくの庶民をはじめ公家,武家にもあがめられた。正応(しょうおう)2年8月23日死去。51歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。俗姓は河野。法名は智真。通称は遊行上人。諡号(しごう)は円照大師,証誠(しょうじょう)大師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一遍

没年:正応2.8.23(1289.9.9)
生年:延応1.2.15(1239.3.21)
鎌倉中期の僧。時宗の開祖。出家して随縁と称し諱を智真という。のち他力念仏にめざめて一遍と改めた。伊予(愛媛県)の有力武士,河野通広の子として生まれる。10歳のとき母と死別し,父のすすめによって出家し随縁と名乗る。建長3(1251)年13歳のとき九州に赴き,浄土宗西山派の証空の弟子,聖達に入門し,仏教の学問を修めたが,その間に智真と名を改めた。弘長3(1263)年,父の死をきいて伊予に帰り,還俗して家督を継いだ。しかし一族の所領争いなどで希望を失い,ふたたび出家して,文永8(1271)年信濃国(長野県)の善光寺に詣で,阿弥陀如来による救いを描いた「二河白道図」を書写している。その後,郷里にもどり,3年のあいだ窪寺(松山市)の草庵に籠もって念仏を修し「十一不二頌」を作った。十劫の昔に実現している弥陀の正覚と,衆生の現在の一念による往生は,一体のものでふたつのものではない(不二),という思想を詩にしたものである。このあと菅生の岩屋(愛媛県)に参籠し,修験的な行にも挑戦している。 文永11年は蒙古が襲来した年であるが,このとき36歳。超一,超二らをともなって念仏を勧化する旅に出た。超一,超二をその妻と娘とする見方があるが,そうだとすると女,子ども連れの遊行・漂泊の旅に出たことになる。四天王寺,高野山をへて熊野に詣で,本宮の証誠殿に100日の参籠をしているとき,衆生の浄土往生は信・不信,浄・不浄にかかわりなく阿弥陀如来の名号によって定まる,という熊野権現の夢告を受けた。それを機に名を一遍と改め,「南無阿弥陀仏 決定往生六十万人」と記した札を人びとにくばる賦算の行を始めるようになった。時宗開宗の時点といってよい。 以後,九州,四国,山陽,京都の各地を巡り,41歳のとき信濃国の伴野(長野県佐久市)を訪れ踊り念仏を始めた。平安時代の空也の念仏にならったものだが,民衆の人気を博し,かれの遊行・伝道の生活に欠かせないものとなった。次いで奥州を巡って関東へと旅を続け,再度の蒙古来襲のあった翌年(1282)には鎌倉に入ろうとし,幕府にはばまれ果たさなかった。そのため藤沢から東海道に出て,弘安7(1284)年,ふたたび京都に入って熱狂的に受け入れられた。その後も四国,山陽道,山陰道と,とり憑かれたような行脚をつづけ,正応2(1289)年摂津国の和田岬(神戸市)の観音堂で息を引きとった。ときに51歳であった。その臨終の直前,聖教の一部を書写山に奉納し,そのほか一切の所持品を焼却している。生涯を文字通り一所不住の旅に過ごし,救いは南無阿弥陀仏の名号そのものにありとして,一切を放棄する捨て聖の境涯をつらぬいた。浄土信仰の極致をきり開いたといってもよく,踊り念仏の普及とともに民衆のあいだにダイナミックな宗教運動を展開した点で特筆される。『播州法語集』『一遍上人語録』『一遍聖絵』などによってその言行を知ることができる。

(山折哲雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いっぺん【一遍】

1239‐89(延応1‐正応2)
鎌倉中期の僧。時宗の開祖。諱(いみな)は智真。伊予国の豪族河野道広の子。河野氏は瀬戸内海の水軍を率いる有力な武士であったが,承久の乱で京方について没落し,一遍が生まれたころにはかつての力を失っていた。幼いときに寺に入り,1248年(宝治2)に出家して随縁と名のった。51年(建長3)大宰府に行き,法然の弟子として知られた浄土宗西山義の祖証空の門弟である聖達に師事して,仏教の学問につとめた。その間,智真と名を改めたが,63年(弘長3),父の死を聞いて伊予に帰り,還俗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いっぺん【一遍】

[3] ( 名 )
一回。一度。 「 -行ったことがある」 「 -で成功した」
名詞の下に付いて接尾語的に用い、表向きだけで誠意のこもらないこと、形だけであることの意を表す。 「通り-」 「義理-」 → 一偏
一部始終。 「カノ-ヲ語ッテ/天草本伊曽保」
[0] ( 副 )
ずっとひとわたり。そこらじゅう。 「お前の行方を-と尋ねました/歌舞伎・三人吉三」

いっぺん【一遍】

1239~1289) 鎌倉中期の僧。時宗の開祖。伊予の豪族河野通広の子。諱いみなは智真。諡おくりなは円照大師。延暦寺で天台宗を学び、太宰府で法然の孫弟子で西山派の聖達を師とする。のち熊野本宮に参籠して霊験を得、名を一遍と改める。念仏札を配る諸国遊行に出て、各地で念仏や踊り念仏を勧めた。そのため遊行上人ゆぎようしようにん・捨聖すてひじりともいわれた。その教説をまとめたものに「一遍上人語録」などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一遍
いっぺん
(1239―1289)

鎌倉時代の僧。時宗(じしゅう)の開祖。諡(し)号は円照(えんしょう)大師。伊予(愛媛県)の豪族河野(こうの)氏の出身で、河野七郎通広(みちひろ)の子。現在、松山市道後湯月町の宝厳(ほうごん)寺門前に「一遍上人(しょうにん)御誕生旧蹟(きゅうせき)」の碑が立っている。幼名を松寿丸、のち通尚(みちひさ)と称した。10歳のとき母を亡くし、出家して随縁と名のった。14歳で大宰府(だざいふ)の浄土宗の西山流(せいざんりゅう)の僧聖達(しょうたつ)の門をたたく。聖達の紹介により、肥前(ひぜん)(佐賀県)清水(きよみず)の華台(けだい)に師事して浄土宗の教学を学び、華台の勧めにより名を智真(ちしん)と改めた。25歳で父の死にあい伊予に帰国。ここで妻をめとり在俗の生活を送りつつ仏に仕えていたが、親類縁者との間に生じた所領関係に絡む事件に巻き込まれたことがきっかけで、輪廻(りんね)の業(ごう)を断とうとして再出家を決意し、33歳の春信濃(しなの)(長野県)の善光寺に参詣(さんけい)し、二河白道(にがびゃくどう)の図を写す。図は煩悩(ぼんのう)のたとえである火と水の二河に挟まれたただ一筋の狭く細い白道が、念仏行者の歩むべき極楽浄土(ごくらくじょうど)へ至る道を表しており、それを故郷に持ち帰った智真は、窪寺(くぼでら)の庵室(あんしつ)に掲げて本尊とし、専修(せんじゅ)念仏の行(ぎょう)に入り、そこで得た信心の内容を十一不二偈(げ)に記した。十一不二とは、(じっこう)の昔、法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)が正覚(しょうがく)を得て阿弥陀仏(あみだぶつ)となったとき、衆生(しゅじょう)の救済は約束されたのであるから、衆生は、ただ1回の念仏で往生できるという意である。
 36歳の2月、同行3人を伴って伊予国を出立、夏のころ熊野本宮証誠殿(くまのほんぐうしょうじょうでん)に参籠(さんろう)し、阿弥陀仏を本地とする熊野権現(ごんげん)の神託を受けた。神託によって智真は衆生の信不信、浄不浄の区別にこだわることのない念仏勧化(かんげ)の実践に確信を得、やがて新宮で「六字名号(みょうごう)一遍法」で始まる六十万人偈(げ)を感得して名を一遍と改め、「南無阿弥陀仏 決定往生 六十万人」と記した念仏算(ふだ)(念仏勧化の札)を賦(くば)る賦算(ふさん)の旅(遊行(ゆぎょう))を続けた。一遍は止住する寺をもたず、少数の弟子を同伴して全国各地を遊行したので遊行上人(1世)とも捨聖(すてひじり)ともいわれた。行く先々で民衆に念仏を勧め、所によってそれは踊念仏にまで高揚することもあった。正応(しょうおう)2年8月23日、遊行の途次、兵庫和田岬の観音堂において51歳で没した。現在、神戸市兵庫区真光寺に一遍の墓がある。一遍は臨終に所持の書籍などすべてを焼却したというから、著作は残っていない。後人の手により『一遍聖絵(ひじりえ)』『一遍上人絵伝』などの伝記と、二、三の『法語集』が編集された。
 一遍の教法の特色は、衆生(機・能帰(のうき))と阿弥陀仏(法・所帰(しょき))とを一体とみる(機法不二(きほうふに)・能所(のうしょ)一体)ところにある。この能所一体は南無阿弥陀仏と唱える名号において実現されると説く。また神祇(じんぎ)に対しても不拝を説く法然(ほうねん)(源空(げんくう))や親鸞(しんらん)とは異なり、一遍は神祇崇拝を肯定する。そのほか、西山教学の継承、真言密教の影響、禅との親近なども指摘されている。[広神 清]
『大橋俊雄校注『日本思想大系 10 法然・一遍』(1971・岩波書店) ▽大橋俊雄著『一遍』(1983・吉川弘文館) ▽金井清光著『一遍と時衆教団』(1975・角川書店) ▽今井雅晴著『時宗成立史の研究』(1981・吉川弘文館) ▽河野憲善著『一遍教学と時衆史の研究』(1981・東洋文化出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一遍の言及

【踊念仏】より

…踊念仏はこの方向で鎮魂舞踊に発展し,やがて盆踊ともなるが,一方では宗教的エクスタシーを味わうための宗教舞踊になった。これは一遍のはじめた時宗の行儀として有名であり,歓喜踊躍の踊念仏といわれる。また鎮魂舞踊の踊念仏は二つに分かれ,一つは死霊亡霊を鎮める大念仏や虫送り念仏,古戦場の供養念仏になった。…

【鎌倉[市]】より

…これは“辻説法”に象徴されているような,宗祖日蓮の積極的な布教の中心が,まず鎌倉の商工業・交易地や街頭と深いかかわりをもっていたことを示唆し,当時,日蓮の門弟たちの教えが,鍛冶番匠の宗教だと非難された事実を思い起こさせる。日蓮にややおくれて一遍もまた,鎌倉での布教にその運動の成否をかけようとしたが,幕府によって鎌倉入りを阻止され,結局は郊外の片瀬の地で多くの人びとを教化した。鎌倉仏教の興起と都市鎌倉は,やはり深い関連があったのである。…

【高野聖】より

…萱堂聖は法灯国師(臨済宗法灯派の派祖,心地覚心)によって結ばれ,唱導説経を特色とした。千手院聖は遊行聖一遍を祖として勧進にすぐれ,その経済力によって室町時代の高野聖はほとんど時宗化された。しかし室町時代末期になると,高野聖の宗教的機能が低下したばかりでなく品性も悪化し,世の嫌われ者になった。…

【時宗】より

…鎌倉時代におこった浄土教の一宗派。一遍を祖師とする。一遍は法然の弟子聖達に念仏の教えを学んだが,1日に6回,定められた時刻に念仏をとなえる集団を六時念仏衆,六時衆と呼び,一遍自身と弟子たちを一緒にして〈時衆〉と称した。…

【浄土教】より

…つぎの平安時代初期に樹立された天台宗の教団内に阿弥陀信仰の浄土教がおこり,とくに円仁が入唐して五台山に巡礼し法照の五会念仏にもとづく念仏三昧法を移入し,ついで源信が《往生要集》を著して地獄と極楽の詳細を描き出してから,浄土教の全盛時代を迎えるにいたる。平安末期から鎌倉時代にかけて,ひとえに善導によると称した法然は,源信の教義をも受けて専修念仏を強調し,《選択本願念仏集》を著して浄土宗を開き,その弟子の親鸞は《教行信証》を著して絶対他力の信仰を鼓吹し,浄土真宗の祖となり,また一遍は全国を遊行して念仏をすすめ時宗の祖とされる。彼らは,いずれも〈浄土三部経〉を所依の経典としたが,なかでも法然が《観無量寿経》を重視したのに対し,親鸞は《無量寿経》を,一遍は《阿弥陀経》を重んじた。…

【念仏】より

…空也は民間に念仏を広め,民間仏教史上に大きな足跡を残したが,その念仏は鎮魂呪術的な性格と機能をもったものとして民間に受容された。後世,一遍によって全国に広められた踊念仏の起源は空也念仏にあるとされるが,一遍の踊念仏にも死霊鎮送の性格がみられる。念仏は,源信らの二十五三昧結衆の起請文にもうかがわれるように,はやくから葬送や死者追善の儀礼と密接な関係をもっていたが,念仏が葬送・追善と結びつく一因は,念仏には罪障消除の功徳があると考えられたからである。…

【仏教】より

…彼は往生の当否は称名よりも,阿弥陀仏への絶対的な信心にあるとし(信心為本),しかも《歎異抄(たんにしよう)》のなかで〈善人なをもて往生をとぐいはんや悪人をや,しかるに世のひとつねにいはく,悪人なを往生す,いかにいはんや善人をや〉,阿弥陀仏の〈願をおこしたまふ本意,悪人成仏のためならば,他力をたのみたてまつる悪人,もともと往生の正因なり〉と,絶対他力と悪人正機の説を述べた。法然・親鸞におくれて元寇のころ,念仏門に新境地を開いたのが,時宗の宗祖一遍である。一遍は,念仏往生の鍵は信心の有無,浄や不浄,貴賤や男女に関係するのではなく,すべてを放下(ほか)し,〈空〉の心境になって,名号(みようごう)(念仏)と一体に結縁(けちえん)することにあると説いた。…

【遊行】より

…中世の高野聖,善光寺聖(善光寺),絵解聖(絵解き),熊野比丘尼らの遊行は,その奉じる寺社の信仰を勧めたが,一部で商人化,売笑化の道をたどった者もいた。 しかし,遊行聖の典型は,寺に住せず,踊念仏と賦算(ふさん)(念仏の札配り)の一生を送った時宗開祖一遍と,彼に従った時衆に見いだしうる。一遍没後は他阿真教が遊行上人となり,道場経営にも力を入れた。…

【遊行上人】より

清浄光(しようじようこう)寺(遊行寺ともいう)を拠点とし,回国する時宗の指導者の称。特に時宗の開祖一遍,その弟子で時宗遊行派の祖他阿真教をさすことも多い。遊行は,本来修行僧が衆生教化と自己修養のために諸国を巡歴することで,仏教の修行の主要なものの一つであった。…

※「一遍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一遍の関連キーワード日蓮上人西山鑑智国師北条長時良忠時衆真光寺佐々木氏信聖達真観然阿良忠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一遍の関連情報