コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付け出し つけだし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付け出し
つけだし

前相撲から順序を踏んで進むことなく,ただちに幕下三段目から取り始めること。吉井山が幕下 14枚目格,内田 (のち豊山) が幕下 10枚目格,小戸と山田山が幕下 50枚目格に付け出されたが,2001年からアマチュア相撲の全日本相撲選手権,全国学生相撲選手権,日本実業団相撲選手権,国民体育大会成年Aの4大会いずれかで優勝すると幕下 15枚目格に,全日本選手権とその他3大会のいずれかに優勝すれば幕下 10枚目格に付け出す。資格は優勝から1年間有効。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

付け出しの関連キーワード西ノ海嘉治郎(初代)太刀山峰右衛門力士養成員谷風梶之助新弟子検査平林盈淑輪島大士小柳平助御嶽海関取

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付け出しの関連情報