三段目(読み)さんだんめ

デジタル大辞泉の解説

さんだん‐め【三段目】

浄瑠璃の3番目の段。五段からなる1曲を通じて最も重要な部分とされる。
《番付の三段目に書かれることから》相撲で、幕下次位序二段の上位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんだんめ【三段目】

相撲の番付で、幕下の下、序二段の上の地位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんだん‐め【三段目】

〘名〙
① 五段形式の浄瑠璃の第三番目の段。一曲中もっとも重要な語り場。ほとんど義理と人情のからみ合った悲劇的場面が設けられる。転じて、大切なところ。肝要なこと。悲劇的なこと。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)上「序の始まりは籬が役、肝腎の三段目は、取付け引付おっしゃれや」
② 歌舞伎下座音楽の一つ。時代狂言で早間のせりふや急速な人物の出入りに用いる合方で、大小鼓を打ちはやす。三段目合方。
③ 相撲で、力士の階級を示した番付けの三段目に名をのせられた力士。幕下の次位、序二段の上。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五四「此間は三段目の角力(すまふ)を投げたなどと賞められましたから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三段目の関連情報