幕下(読み)ばっか

精選版 日本国語大辞典「幕下」の解説

ばっ‐か バク‥【幕下】

〘名〙
① 張りめぐらした幕のもと。幕の中。転じて、将軍の本営。陣屋。陣営。また、政などを執るところ。
※経国集(827)一・重陽節神泉苑賦秋可哀応利〈滋野貞王〉「上苑楓林陰未薄、幕下巣空燕早辞」 〔戦国策‐魏策〕
② 近衛大将(このえのたいしょう)の唐名。〔公卿補任‐保延五年(1139)源有仁〕
③ 将軍または大将軍の称。
※吾妻鏡‐建仁三年(1203)九月一五日「幕下大将軍二男若君」
※古今著聞集(1254)一一「幕下申されけるは、君の御秘蔵候御物に、いかでか頼朝が眼をあて候べきとて」
④ 将軍の配下に属する者。家来。また、手下。配下。転じて、その勢力下に入った者。
※尺素往来(1439‐64)「随而将軍家幕下大理兼帯御供奉事」
※俳諧師(1908)〈高浜虚子〉五二「佐野の奴の幕下(バクカ)で十五円の給料では」 〔韓愈‐送温処士赴河陽軍序〕

まく‐した【幕下】

〘名〙 力士の階級の一つ。昔は幕の内以下の力士の総称。番付の最上段に幕内力士の名を書き、以下はその下に記されたところからいう。現在は十両と三段目との間の地位。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「俗に幕下十名を十両取といひ」

ばく‐か【幕下】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「幕下」の解説

ばく‐か【幕下】

張りめぐらした幕の中。陣営。
近衛大将唐名
将軍異称
将軍の配下。また、家来手下

まく‐した【幕下】

相撲で、力士地位の一。十両の次位、三段目上位。昔は幕内に入らない者を総称したが、現在は、番付二段目に名を書かれる力士のうち十両を除く者。

ばっ‐か〔バク‐〕【幕下】

ばくか(幕下)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の幕下の言及

【武家政治】より

…また中国の古典的用法では,この大将軍が出征中に軍政をとる場所,すなわち将軍の幕営を幕府,柳営などと称した。そして幕府の語は大将軍(近衛大将)の居処の意味から転じて,大将軍そのものを指すに至り,頼朝の時代には一般に近衛大将を幕府,幕下と称した。近衛大将に任ぜられた頼朝の居館が幕府と呼ばれる必然性が生じたのである。…

※「幕下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android