コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付加形成 ふかけいせいepimorphosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付加形成
ふかけいせい
epimorphosis

生物の再生現象において,損傷などによる傷面とかその付近に新たに素材物質が集り,または組織増殖,分化して脱落部からの修復が行われる真の再生をいう。これに対して,残存部などの再編成による形態調節的な再生があり,形態再編といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

付加形成の関連キーワード生物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android