コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付加形成 ふかけいせい epimorphosis

1件 の用語解説(付加形成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付加形成
ふかけいせい
epimorphosis

生物の再生現象において,損傷などによる傷面とかその付近に新たに素材物質が集り,または組織が増殖,分化して脱落部からの修復が行われる真の再生をいう。これに対して,残存部などの再編成による形態調節的な再生があり,形態再編といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付加形成の関連キーワード再生芽微生物学フェーディング都市再生特別地区コットン効果軟化変敗ケーブナー現象瘢痕性脱毛症釧路湿原の再生構想自己再生能力

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone