コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代替不可能性 ダイタイフカノウセイ

デジタル大辞泉の解説

だいたいふかのう‐せい【代替不可能性】

他のものと置き換えられないこと。唯一無二のかけがえのない存在であること。交換不可能性。単独性。
[補説]社会はそれを構成する個人が代替可能な役割を担うことで成立している。しかし、例えば親しい友人を亡くす経験をしたとき、他にもユニークな友人がいるから構わないとは思わないように、人には、友人といった社会的役割やユニークであるといった個性には還元できない唯一無二性がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android